【韓国でアンケート】デート場所の1位はホテル、または一人暮らしの部屋

結婚情報会社デュオ、未婚男女500人を対象にアンケート調査 

「ここどう?」という広告がバス停を総なめした時があった。停留所の立て看板だけでなくバスの側面にも「ここはどう?」と尋ねる男女が明るく笑顔で通り過ぎた。

世の中が、ずいぶん変わったと思わせる広告だった。広告が効果を発揮したようだ。

未婚の男女が最も好むデート場所としてホテルと一人暮らしの部屋が挙げられたからだ。

  • 出典 デュオ

結婚情報会社のデュオがアンケート調査会社マクロミルエムブレインに依頼し未婚男女500名(男女各250 名)を対象に実施したアンケートで最も主なデート場所として「ホテル、一人暮らしの部屋(37.6%)」という結果が出た。公園や遺跡、山が22.2%、車の中(ドライブ)が18%と続いた。

恋人と行きたい場所は海外観光地(57.8%)が圧倒的1位、国内観光地(18.4%)、遊園地(11.2%)、映画館(4.6%)、公演場(3%)の順となった。

希望する場所と実際にデートする場所に少し乖離があるように見える。

デートの場所としてホテルや一人暮らしの部屋が挙げられるのは、新型コロナウイルスの影響のせいでもある。回答者の半分以上(58%)が「人が集まる地域は避けたい」と回答しているからだ。

もちろん、室内でデートしようと思うのは新型コロナウイルスの影響だけではない。

天気によって影響を受けることもなく(48.1%)、疲れにくい(30.9%)という理由もある。映画鑑賞や食事も室内デートを好むようにする要素のひとつだ。

ホテルに泊まったら食事や映画の観覧が同時にできるので最良の場所として好まれているようだ。

ということは男女のどちらが、より「ホテルと一人暮らしの部屋」をデートの場所に選ぶのだろうか?

今回の調査では男性は室内(53.2%)、女性は室外(56%)を好むと集計されたので、男性がホテルや一人暮らしの部屋を選ぶ傾向が強いようだ。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-11-13 00:00:00