「天井が落ちた」…高揚市の高層アパートで何が?


  • 写真出処=オンラインコミュニティ


京畿道高陽市(こやんし)のあるアパートで、スプリンクラーの配管からの漏水で天井が崩れ落ちる事故が発生した。

去る21日、高揚市民が利用するあるオンラインコミュニティには「スプリンクラーの漏水で家が水浸しになりました」というタイトルのメッセージが上がってきた。この記事には漏水で床に水があふれた写真や、天井が崩れた写真も含まれていた。

京畿道高陽市徳陽区(とぎゃんぐ)に所在するアパートの20階に住んでいるAさんは、「日曜日(19日)の1時ごろ、突然ポンという音と同時に巨大なサイレン音で、赤ちゃんを抱いて泣きながら1階に逃げた」と説明した。


  • 写真出処=オンラインコミュニティ



Aさんは続けて、「赤ちゃんが昼寝をしていた部屋のベッドに天井が崩れて、あやうく寝ていた赤ちゃんが大ケガするところだった」と当時の状況を伝えた。

そして「赤ちゃんを預けてあたふたと上がってみた家は、凄惨だった」とし、「居間のベッドには天井が崩れていて、家ぜんたいに水が足首までたまっていて…赤ちゃんのおもちゃが水に浮かんで漂って、家具にテレビにクローゼットにドレッサーに冷蔵庫、さらには子供の部屋まで水がたまっていた」と説明した。

Aさんはまた、「原因はスプリンクラーの配管漏水だというのに、保険会社はチュソク連休で木曜日(23日)でなければ来れないし、管理所長もいまは何もできることがないのでわかって欲しい」とし、「とめどなくため息だけ休んでチュソクを過ごしている」と訴えた。

Aさんによると、このアパートには同じ日の午後に40件の漏水が申告された。このアパートは1995年に竣工したことが分かった。
  • 毎日経済 | キム・スンハン記者
  • 入力 2021-09-23 13:13:44