ハン・ジミン「ある春の夜に」最終回迎え「ありがとう、春の日に思い出して」


女優ハン・ジミンがドラマ『ある春の夜に』の最終回を迎えて感謝の気持ちを伝えた。

ハン・ジミンは12日、インスタグラムに「『ある春の夜に』に来てくれてありがとう。とある春がジホ(チョン・ヘイン)とジョンイン(ハン・ジミン)を連れて来たように、すべての人に温かい愛が訪れますように。春が来ればお互いを思い出すこと」と惜しみつつ感謝を伝えた。

ハン・ジミンはファンからもらったプレゼントの前でチョン・ヘインと一緒に撮った写真も公開した。

ケーキや垂れ幕など、さまざまな贈り物には『ある春の夜に』との別れを惜しむファンたちの気持ちがこめられている。

写真が公開されると、インターネットユーザーたちは「ジョンインと別れるなんて寂しい」、「穏やかで温かなドラマだった」、「楽しかった。次の作品で会おう」などの反応を見せた。

一方、『ある春の夜に』は自分が望む人生に価値があると考える図書館司書イ・ジョンイン(ハン・ジミン)と暖かくて甘いが時には強烈な勝負欲を見せる薬剤師ユ・ジホ(チョン・ヘイン)が突然訪ねてきた感情の波動を経る現実的なロマンスを描いたドラマで、韓国で11日に最終回が放送された。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=ハン・ジミンSNS
  • 入力 2019-07-12 15:28:09