「アビス」1話にソ・イングクとチョン・ソミンが特別出演…すでに話題沸騰


ソ・イングクとチョン・ソミンが特別出演でtvN『アビス』の心強い援軍となった。

tvNの新しい月火ドラマ『アビス』(脚本ムン・スヨン、演出ユ・ジェウォン)は「魂を蘇生させる玉」アビスを介して生前と180度異なる「反転のビジュアル」で復活した2人の男女が自分を殺した殺人犯を追う反転ビジュアルファンタジーだ。4年前、ドラマ『ああ、私の幽霊様』でシンドロームを巻き起こしたユ・ジェウォン監督とパク・ボヨンの再会で話題を集めている。

そんな中、ソ・イングクとチョン・ソミンが『アビス』1話に登場して大活躍を予告する。2人は今後展開するストーリーに重要な意味を持つ重要なキャラクターで、インパクト溢れる存在感を発揮する。

特に先立って公開された『アビス』本編予告を通じてソ・イングクとチョン・ソミンがサプライズで登場、すでにネットユーザーたちの間で話題になっている。黒いトレンチコートをなびかせる平凡ではないカリスマとともに、超ハンサムになって復活した自分の姿に驚くアン・ヒョソプ(チャ・ミン役)を見て「人間はもともと自分と似たような魂を持っていないか?」とささやき、謎のベールに包まれた彼らの正体に関心が集まっている。

何よりも、ソ・イングクとチョン・ソミンは『空から降る一億の星』でそれぞれ「キム・ムヨン役」と「ユ・ジンガン」役を引き受けて熱い愛を受けていた。2人は『空から降る一億の星』で一緒に作業したユ・ジェウォン監督との縁で快く特別出演を決めた。「ムガンカップル」ソ・イングクとチョン・ソミンの再会と、2人が『アビス』序盤に披露する幻想的なキャラクターにすでに期待が集まっている。

この日の撮影でソ・イングクとチョン・ソミンはユ・ジェウォン監督をはじめ親交のあるスタッフたちと挨拶を交わすなど、久しぶりに現場で出会った嬉しさを表現した。特に2人は短いシーンにも関わらず、ユ・ジェウォン監督と膝を突き合わせてリハーサルから万全の準備を終えるなど、渾身の情熱を惜しまない姿で現場を盛り上げたという後日談。

tvN『アビス』の制作陣は「ソ・イングクとチョン・ソミンがカメオ歴史に残る特級の出演を予告する」と暗示した後、「2人は『アビス』の砲門を開く1話に電撃的に登場してミステリアスながらも特別な意味が込められたシーンを演じる。ソ・イングクとチョン・ソミンの出演が『アビス』の視聴者に面白さと新鮮な魅力を抱かせることを期待する」と明らかにした。

tvNの新しい月火ドラマ『アビス』は5月6日月曜日の夜9時30分に韓国で初放送予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-04-26 08:39:14