パク・ミニョンとキム・ジェウク主演「彼女の私生活」きょうから韓国でスタート


tvN水木ドラマ『彼女の私生活』(脚本キム・ヘヨン、演出ホン・ジョンチャン)が10日に韓国で初放送される。

『彼女の私生活』はキム・ソンヨン作家のウェブ小説を原作にした作品で、職場では完璧なキュレーターだが実はアイドルオタクのソン・ドクミ(パク・ミニョン)が上司ライアン(キム・ジェウク)と出会って始まる本格オタ活ロマンスだ。

『彼女の私生活』は時代の流れにふさわしく「オタク活動(ある分野が熱狂的に好きで、それに関連するものを集めたり調べること)」という素材を全面に掲げ「本格オタク活動ロマンス」という独特のジャンルをより楽しく愉快に描き出す予定だ。

『彼女の私生活』はパク・ミニョンとキム・ジェウクの出会いで放送前から話題を集めている。

劇中、キュレーターとアイドルオタクとして二重生活を送っているソン・ドクミ役にはパク・ミニョンが、ソン・ドクミのオタク活動をすることになる美術館の新任館長ライアン役にはキム・ジェウクがキャスティングされた。

パク・ミニョンは昨年放送されたtvN『キム秘書はいったい、なぜ?』で最初のラブコメ演技を披露し、大きな愛を受けた。

パク・ソジュンに続き、キム・ジェウクとラブコメで呼吸を合わせるパク・ミニョンが2連続のヒットに成功し、「ラブコメ女神」としての地位を強固なものにするのかが注目される。

キム・ジェウクはOCN『客 the guest』、SBS『愛の温度』、OCN『ボイス』など、ジャンルを問わずしっかりとした演技力で愛されてきた。特に退廃美とセクシーさで重武装したキム・ジェウクが披露するラブコメ演技に対する期待が高まっている状況。

パク・ミニョンとキム・ジェウク以外にもアン・ボヒョン(ナム・ウンギ役)、パク・ジンジュ(イ・ソンジュ役)、チョン・ジェウォン(チャ・シアン役)、ホン・ソヨン(チェ・ダイン役)、キム・ミギョン(コ・ヨンスク役)、パク・ミョンシン(ナム・セヨン役)、イム・ジギュ(カン・スンミン役)などが出演する。

『彼女の私生活』は韓国で10日夜9時30分に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-04-10 06:01:02