「イカゲーム」主演イ・ジョンジェ、「ゴッサム・アワード」参加のため米国へ


  • スタートゥデイDB

俳優イ・ジョンジェが「2012ゴッサム・アワード」に参加するために米国に出国する。

イ・ジョンジェの所属事務所ARTISTCOMPANYは24日、毎日経済スタートデーに「イ・ジョンジェが27日に米国に出国する」とし「11月29日に開催される「2021ゴッサム・アワード」に参加する計画だ」と明らかにした。

イ・ジョンジェはNetflixドラマ『イカゲーム』で「2021ゴッサム・アワード」シリーズ最高演技賞にノミネートされた。

彼は『ホワイト・ロータス / 諸事情だらけのリゾートホテル』のジェニファー・クーリッジ、『Rutherford Falls』のマイケル・グレイアイズ、『The Good Lord Bird』のイーサン・ホーク、『地下鉄道~自由への旅路~』のThuso Mbedu、『クイーンズ・ギャンビット』のアニャ・テイラー=ジョイなどと一緒にノミネートされた。

『イカゲーム』は最優秀長編シリーズ、ニューシリーズ最高演技賞2つの部門にノミネートされた。

『イカゲーム』はアメリカのドラマ『The Good Lord Bird』『It's a Sin』『Small Axe』『地下鉄道~自由への旅路~』『ホワイト・ロータス / 諸事情だらけのリゾートホテル』と一緒に最優秀長編シリーズにノミネートされた。

『イカゲーム』は456億ウォンの賞金がかかった謎のサバイバルに参加した人々が最後の勝者になるために命をかけてゲームに挑戦する話だ。

今年9月の初公開後、全世界80カ国以上で1位になるなど人気を得ている。

イ・ジョンジェはこの作品で母親の糖尿治療と娘との同居のためにゲームに参加する「ギフン」役を演じた。

「ゴッサム・アワード」は米国独立映画支援団体IFP(Independent Film Profect)が支援する授賞式だ。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-24 11:18:39