ソル・ギョング「キングメーカー」出演は「名もなき野良犬の輪舞」がきっかけだった


  • スタートゥデイDB

俳優ソル・ギョングが『キングメーカー』出演の理由を明らかにした。

19日午前、映画『キングメーカー』の制作報告会が開かれた。新型コロナウイルス拡散の余波によりオンライン生中継で行われた今回のイベントには、ピョン・ソンヒョン監督、ソル・ギョング、イ・ソンギュンが参加した。

ソル・ギョングは「『名もなき野良犬の輪舞』の時、すでに1プラス1で台本を受けとっていた。『名もなき野良犬の輪舞』での仕事ぶりを見てから『キングメーカー』出演を決定すると話した。『名もなき野良犬の輪舞』で多くの愛を受けたため出演することにしたが、キャラクターに対する負担感からプレッシャーを感じて、その話をたくさんした。負担はあったが、どのようなスタイルの映画になるのかとても気になって出演することを決めた」と出演理由を明らかにした。

『キングメーカー』は世界を変えるために挑戦する、4回落選した政治家のキム・ウンボム(ソル・ギョング)と存在も名前も知られていない選挙戦略家ソ・チャンデ(イ・ソンギュン)が激しい選挙戦に飛び込んでから始まる話だ。韓国で12月公開。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-22 11:11:47