2PMジュノ、サイクルタイツを着てみたら「お尻がセクシーに見えた」


  • スタートゥデイDB

グループ2PMのメンバーで俳優のジュノがお尻についての自負心を見せた。

2PMのジュノは3日に放送されたMBCのトーク番組『ラジオスター』の「明日は国民俳優」特集に俳優オ・デファン、チェ・ヨンジュン、ヒョン・ボンシクと共に出演して愉快なトークを披露した。

この日、MCのアン・ヨンミが「最近、新たにボディラインへの自負心を感じる出来事があったと聞いた」と尋ねると、ユ・セユンはいたずらっぽく「こういう病気は簡単には消えない」と答えて笑いを誘った。

これに対してジュノは「趣味が自転車のサイクリングだ。自転車に乗る時は自転車専用のバイクタイツをはかないといけない。最初は見苦しくて着られなかったが、自転車に乗る時に専用のタイツをはかないとお尻が痛くなる。実際に着てみるとお尻が少しセクシーに見えた」と言いながら自身のスタイルに自信を見せた。

ジュノは自転車と関連した面白いエピソードを紹介した。ジュノは「自転車に乗る時にはフェイスマスクとゴーグルをするので人々に気付かれない。一度は自転車に乗って激しく転倒したことがある。転びながら大切な場所を強く打った。 あまりの痛さに起きられずにいると、向い側の市民の方たちが「大丈夫か」と言って近寄ってきた。感謝しつつも、どうか通り過ぎてほしいと思った」と笑顔で語った。

一方、今年3月に兵役を終えたジュノは今月12日に初放送されるMBC金土ドラマ『赤い袖先』でドラマに復帰する。

  • MBC

  • ハン・イェリン スタートゥデイ インターン記者
  • 入力 2021-11-04 10:49:34