「48年間200億ウォンを寄付した芸能人」ユ・ジェソク&IUを超える寄付王は?


  • スタートゥデイDB

歌手のハ・チュンファが芸能界最高の寄付スターになった。

15日に放送されたKBS2『芸能ライブ』では芸能界最高の寄付スターを公開した。

ハ・チュンファは芸能界寄付天使1位に名を連ねた。ハ・チュンファは公演を始めた19歳から始まり48年間、持続的に寄付を続けている。父親の勧めで寄付を始めたというハ・チュンファは、助けが必要な様々なところに収益金を渡した。48年間で寄付した金額が約200億ウォンに達する。

これに対しハ・チュンファは「「お金が惜しくないのか?」と言われる。一度もこれは自分のお金と考えたことがない。このお金は分かち合うために使うためにできたお金」とし「これからも歌と共に奉仕する人生を生きていく」と明らかにした。

2位は歌手兼女優のチャン・ナラだ。チャン・ナラは、初主演ドラマの出演料4千万ウォン、映画出演料1億5千万ウォン、広告出演料2億ウォンを寄付した。デビュー千日記念ファンミーティングの全額を寄付した。遺棄動物保護施設に寄付するかと思えば直接ボランティアをするなど善行を続けている。チャンの名前で寄付した金額は130億ウォンだという。

3位は歌手のチョー・ヨンピルだ。彼は心臓病の子供たちのために先頭に立って寄付した。チョー・ヨンピルは妻が心臓病でこの世を去った後、心臓病の子どもたちを助け始めたという。チョー・ヨンピルは2009年、チョー・ヨンピル奨学財団を設立し奨学金を渡したりもした。2010年にはコンサート収益金全額を小児ガン患者500人に寄付した。2013年にはアジア寄付英雄に選ばれ約88億ウォンを寄付した。

  • KBS放送画面キャプチャ

4位は芸能界を代表する仲良し夫婦、ション&チョン・ヘヨンだった。ション&チョン・ヘヨン夫婦は1日に1万ウォンずつ365万ウォンを寄付した。毎月、子供たちを後援して千人の子供たちを後援しているという。寄付ライディング、寄付マラソンを通じて募金運動に参加し善良な影響力を誇示した。これまで寄付した金額だけでも55億ウォン以上となる。

5位は歌手のIUだった。IUは今年5月、20代最後の誕生日を迎え社会のいたるところで疎外階級のために5億ウォンを寄付した。先月デビュー13周年を記念して約8億5千万ウォンを寄付した。IUは、母校に奨学金を作り授業料を支援している。IUがこれまで公開された寄付内訳だけでも35億ウォン以上となる。

6位は「国民MC」ユ・ジェソクが名を連ねた。質素な生活をしていることで知られているユ・ジェソクが、金を湯水のように使っているのは、ほかならぬ寄付だった。ユ・ジェソクは国家的災難がある度に善行を繰り広げてきた。放送で結んだ縁も続いた。2013年、バラエティ番組を通じて練炭の寄付を始めてから8年間、77万枚を超える練炭を寄付した。

2015年には強制徴用された韓国人が住む日本のウトロ村を訪れ慰めた。ユ・ジェソクはウトロ村に5千万ウォンを寄付したりもした。 これまで公式に伝えられた寄付内訳だけでも累積金額が30億ウォンを超えるという。

7位は女優のシン・ミナだった。シン・ミナは2015年から火傷患者のために毎年1億ウォンを寄付してきた。100人以上の火傷患者を支援し地震で倒壊したネパール学校を再建するため1億ウォンを寄付した。キム・ウビンと交際中の彼女は、被災者を助けるために1億ウォンずつ寄付した。継続的な寄付が認められ、2019年に大統領表彰を受けた。シン・ミナは累積寄付額だけでも26億ウォン以上となる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-10-16 18:41:15