2019年デビューのVERIVERY、12月に9都市巡る米国ツアーを開催


  • VERIVERY

韓国のボーイグループVERIVERYが米国ツアーを発表した。

VERIVERYは来る12月5日から20日までの合計3週間にわたって米国ツアー「2021 VERIVERY 1st TOUR IN U.S.」を開催する。

2019年、デビュー後初の米国ツアー「2021 VERIVERY 1st TOUR IN US」を開催するVERIVERYは、ロサンゼルスを皮切りにテンピ、ダラス、ヒューストン、セントルイス、フォートウェイン、クリーブランド、ハリスバーグに続いて最後のニューヨークまで、米国の9つの主要都市でファンたちと会う予定だ。

次世代K-POPアイドルとして成長を続けるVERIVERYは、昨年の5thミニアルバムのタイトル曲「G.B.T.B.」に続き「Get Away」が相次いでビルボードワールドデジタルソングセールスチャートで1位を記録するなど、グローバルな人気を高めてきた。

また、米国の経済誌フォーブスは「韓国のポップバンドVERIVERYがシングル「G.B.T.B.」で、米国で突風を起こした」という絶賛と同時に、インタビュー内容を掲載、VERIVERYの成長の可能性を示唆した。

特にVERIVERYは8月に発売した「TRIGGER」でも米国のiTunesアルバムチャート、K-POPソングチャートで1位になるなど、グローバルチャートで驚くべき成績を収めており、米国の主要メディアである「Envi Media」、「Euphoria」などのスポットライトを浴びてきたことから、今回の「2021 VERIVERY 1st TOUR IN US」にさらに大きな期待がかかっている。

これまで、VERIVERYは全メンバーの作詞・作曲はもちろん、カリスマあふれる群舞、彫刻のようなビジュアル、7人のメンバー間の特別な相性を感じさせるオリジナルコンテンツなど、クリエイティブなアイドルとしてVERIVERYの音楽カラーをしっかりと構築して、世界中の多くのファンの熱い愛を受けてきた。今回、初の米国ツアーでヒット曲はもちろん多彩なパフォーマンスで魅力を披露し、現地ファンたちと疎通する予定だ。

VERIVERYは新型コロナウイルス防疫ガイドラインを守りつつ米国ツアーを準備中であり、ツアーが始まった後にも各地域のガイドラインを厳密に守り、舞台に立つ予定だ。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-06 15:38:02