「御史とジョイ」、2PMテギョン&キム・へユンなどの台本の読み合わせ現場が公開


  • tvN

『御史とジョイ』が面白く新鮮にときめくシナジーで明るくコミックな「捜査ショー」の開始を知らせた。

今年11月に放送予定のtvN15周年の特別企画、月火ドラマ『御史とジョイ』(演出ユ・ジョンソン、脚本イ・ジェユン、製作スタジオドラゴン、モンジャクソ)は1日、台本読み合わせメイキングを公開した。

『御史とジョイ』は不本意にも御史になってしまった見た目だけは立派な美食家の坊っちゃんと幸せを探して突進する朝鮮時代の棄別婦人(離婚した女性)の陽気なコミカルカップル捜査ドラマだ。出世さえ面倒なインドア派のラ・イアン(テギョン)と時代を先行き、もどかしい慣習をぶち壊す「ブルドーザー」本能を持つキム・ジョイ(キム・ヘユン)の新鮮なコンビプレーが次元の違うコメディ時代劇の誕生を期待させる。

同日、行われた台本の読み合わせには、ユ・ジョンソン監督とイ・ジェユン作家をはじめ、オク・テギョン、キム・ヘユン、イ・ジェギュン、チョン・ボソク、ペ・ジョンオク、ミン・ジヌン、パク・ガンソプ、チェ・ウォンビン、イ・サンヒなど主な出演陣が一堂に会しコミカルな熱演を繰り広げた。現場を笑いで満たした「キャラクター列伝」がスタートから期待を膨らませた。

キャラクターに完璧に溶け込んだオク・テギョンとキム・ヘユンは最初の出会いから最高のコンビネーションを披露した。まずオク・テギョンはマンネリ「最高レベル」の従六品公務員ラ・イアンに憑依し、整った面貌の中から知的なカリスマ性を発散する変化に富んだ魅力を披露した。前作とは全く違う魅力を装着して初のコミック時代劇に挑戦するオク・テギョンは「本当によく準備して皆さんに良い姿、面白いドラマで会いに行きます。応援をお願いしたい」と感想を伝えた。

幸せを求めて突進する朝鮮時代の棄別婦人のジョイを演じたキム・ヘユンは今回も驚くべきキャラクターの消化力を見せ注目を集めた。誰よりもはっきりしていて力強いキム・ジョイの魅力を愛らしく躍動感あふれる姿で表現したキム・ヘユンは「ジョイの堂々とした態度と溌剌さ、他の俳優の皆さんとのコンビネーションを期待してくださり、愛してくれたら嬉しいです」とときめきに満ちた挨拶をした。初めての出会いに見えない天然なコンビネーションを披露したオク・テギョンとキム・ヘユン。世の中に2人といないユニークなキャラクターに変身した2人の「陽気なコミックカップル捜査ショー」が待ち遠しい。

リアリティーと笑いの責任を負う演技のベテランたちの活躍も輝いた。イ・ジェギュンは身分移動の可能性が閉ざされた領議政(ヨンイジョン)の庶子であるパク・テソを演じながら没入度を増す。ペ・ジョンオクは行き場のない女性と子供たちの面倒を見る白丁のトクボンに扮して物語を一層豊かにする。ここに演技者として信頼度の高いチョン・ボソクまで士大夫家の実権を掌握した領議政パク・スン役を演じ力を加える。

オク・テギョンはキム・ヘユンと息を合わせながらユニークなブロマンスとウォーマンスを披露する俳優たちの活躍も期待される。イアンの従僕であるユクチル役のミン・ジヌンとクパル役のパク・ガンソプはイアンと一緒に上下関係があるようでないブロマンスで笑いを誘う。一方、チェ・ウォンビンはジョイの相棒ボリを演じ深い友情を見せる。イ・サンヒが演じるグァンスンは、ジョイとファンタスティックなチームワークを繰り広げ、レトリックショーに力を入れる見通しだ。身分と慣習から脱し朝鮮八道をひっくり返す彼らの活躍が楽しみだ。

一方、tvN15周年特別企画の月火ドラマ『御史とジョイ』は11月に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-10-01 14:49:18