「680万ドル返せ」元少女時代ジェシカのファッションブランド、債務不履行で訴えられる


  • Coridelエンターテイメント

歌手ジェシカ(32)が設立したファッションブランド「ブランク・アンド・エクレア(BLANC & ECLARE)」が香港で数十億ウォン台の法的訴訟に巻き込まれた。

最近、香港現地のメディアは香港企業のジョイ・キング・エンタープライズ(Joy King Enterprises)が「ブランク・アンド・エクレアが680万ドル(約80億5000万ウォン)の債務を返済していない」と24日、香港高等裁判所に訴状を提出したと報道した。

報道によると、ブランク・アンド・エクレア側は2016年10月と2017年5月の二度にわたってスペクトラ(Spectra)SPCから300万ドル(35億4000万ウォン)と100万ドル(11億8000万ウォン)などを借りた。

その後、昨年8月にジョイ・キング・エンタープライズがスペクトラSPC(特殊目的法人)と債権の譲渡契約を締結して実質の債権者になり、ブランク・アンド・エクレアが10日に予定されていた返済日にお金を返さず、ジョイ・キング・エンタープライズ側が元金と利子を返済せよと訴訟を提起した。

2007年、グループ少女時代としてデビューしたジェシカは2014年、少女時代から脱退後にファッションブランド「ブランク・アンド・エクレア(BLANC & ECLARE)」を設立し、ファッション事業を行ってきた。現在、ブランク・アンド・エクレアの代表職はジェシカの恋人である韓国系アメリカ人のビジネスマン、タイラー・クォンが務めている。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-28 15:18:10