BLACKPINK 、「Kill This Love」MV再生回数14億回突破


  • YGエンターテインメント

グループBLACKPINKの「Kill This Love」のミュージックビデオがYouTubeで再生数14億回を突破した。

YGエンターテインメントが26日に発表したところによると「Kill This Love」のミュージックビデオは25日の午後5時58分ごろ、YouTubeでの再生数が14億回を超えた。

これでBLACKPINKは再生数14億回以上のミュージックビデオ2本を保有した初のK-POPグループになった。これに先立って彼女たちの別のメガヒット曲「DDU-DU DDU-DU」があり、このミュージックビデオは最近、再生数17億回を突破し、K-POPグループ初・最高再生数の新記録を更新した。

韓国のアーティスト全体で見て約9年前の「江南スタイル」や「ジェントルマン」のミュージックビデオで世界的な人気を博したPSYと同率だ。BLACKPINKの「Kill This Love」が2019年4月に発表された曲であることを考えるとミュージックビデオの再生数の上昇傾向のほうが圧倒的に早い。

「Kill This Love」のミュージックビデオはBLACKPINKのパワフルながらもカリスマ性のあるダンスと洗練された映像美を表現し世界中のファンの心を魅了した。ライフルを撃つような動作をはじめ中毒性のあるポイントダンスが印象的だと評価されYouTubeで発表した「2019年、全世界で最も多く見たミュージックビデオ」トップ10に唯一のK-POPとなった。

音源の成績も注目すべき成果を収めた。この歌は、音源発売初週の米ビルボードのメインチャートである「HOT100」と「ビルボード200」でそれぞれ41位と24位につけ、当時、K-POPガールグループの最高順位を塗り替えた。さらに、世界最大音源フラットフォームSpotifyではK-POPガールグループの中で唯一であり、ストリーミング回数が5億回を突破した。

一方、今月10日に発表されたリサのシングルアルバム「LALISA」が各種グローバルチャートを総なめし、BLACKPINKのYouTubeチャンネルのチャンネル登録者数も爆発的に増加している。現在6730万人以上で、これは世界の男女アーティストを合わせてこの分野の1位だ。

「LALISA」の音源は計72か国のiTunesトップソングチャートで首位を獲得しYouTubeソングトップ100チャートで1位、Spotifyのグローバルチャートで15位を獲得した。 また、米ビルボード「グローバル200」で2位、ビルボード「HOT100」チャートで84位、英国オフィシャルチャートシングルトップ100で68位となり、主流ポップ市場内での存在感を強固にした。

BLACKPINKはグループやソロを問わず、さまざまな新記録を更新している。リサのタイトル曲「LALISA」のミュージックビデオは2日で再生数が1億回を超えたのに続き、約13日で2億回を突破し、K-POP女性ソロアーティストの最短新記録を更新した。「LALISA」のアルバム初週販売量はHANTEOチャート集計基準でBLACKPINK『THE ALBUM』(69万枚)を超える73万6221枚で、海外販売分を含めると80万枚を超えたものと把握された。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-09-26 10:01:23