防弾少年団、きょう国連総会参加のために出国 文化特使として演説


  • スタートゥデイDB

グループ防弾少年団(BTS)がムン・ジェイン大統領の特別使節(特使)として第76回国連総会に出席するために今日(18日)、出国する。

去る14日、ムン・ジェイン大統領から未来世代と文化のための大統領特別使節任命状を受け取った防弾少年団はこの日午後、仁川(インチョン)国際空港を通じて米国ニューヨークに出国する。

青瓦台(大統領府)によると、ムン・ジェイン大統領は第76回国連総会に出席し、韓米遺骨相互引き取り式に出席するため19日から23日まで3泊5日の日程で米国ニューヨークとホノルルを訪問する。

防弾少年団は20日(現地時間)、国連事務総長主宰のもとで行われているSDG(持続可能な開発目標)Moment(モーメント)開会セッションでムン・ジェイン大統領特別使節の資格で大韓民国政府の持続可能な開発目標についての演説を行い、パフォーマンス映像を公開する予定だ。防弾少年団は2018年と2020年、二度にわたり国連総会の付帯行事で講演を行ったことがあり、今回の演説にも関心が集まっている。

ムン・ジェイン大統領は7月、持続可能な成長など未来世代のためのグローバル議題をリードし、国際社会で高まった韓国の位置に合わせて外交力の拡大のために防弾少年団を「未来世代と文化のための大統領特別使節」として任命した。

パク・ギョンミ代弁人はブリーフィングを通じて「韓国が持続可能な成長など、未来世代のグローバル議題をリードし、国際社会で高まった地位に合わせて外交力を拡大することに寄与するため使節団を任命した」とし「ポストコロナ時代の先進国として、国家の位相を向上させるためにも役立つだろう」と述べた。

一方、防弾少年団は英語の曲「Butter」で最新のビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で10回目の1位に輝いた。来る24日、コールドプレイと呼吸を合わせた新曲「My Universe」を発表する。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-18 08:50:52