ジョン・ヨンファ、ホテルのプール満喫中に一体何が 「テバク不動産」スチール公開


  • 写真:KBS

『テバク不動産』でジョン・ヨンファが退魔詐欺師オ・インボムに変身したラグジュアリーな姿を見せて好奇心を刺激する。

4月14日に韓国での初放送を控えたKBS2の新水木ドラマ『テバク不動産』は不動産仲介士の退魔師が退魔専門詐欺師とチームを組んで廃屋となった不動産の怨霊や地縛霊を退治する生活密着型退魔ドラマだ。

ジョン・ヨンファは「世の中に幽霊なんていない」と考えながらも幽霊を利用してお金を稼ぐ「退魔詐欺師」オ・インボム役を演じる。資本主義により作られた笑顔を特技にして「今日を楽しめ」という意味のラテン語の「カルペ・ディエム」をモットーに、お調子者ながらも憎めない魅力で活躍を繰り広げる。

これと関連して、ジョン・ヨンファが退魔詐欺師オ・インボムの魅力を最大にまで引き上げた、雑誌のワンシーンのようなカットが公開されて注目を集めている。劇中、今日のために富をひけらかす生活を追求するオ・インボムが退魔詐欺に成功して稼いだお金を楽しく使うためにホテルのプールを訪れた場面。オ・インボムはサンベッドに横になって休息を満喫して、めまいがするような上半身脱衣で水泳を楽しみながらときめくビジュアルを完成させる。しかし、気持ちよく寝ていたオ・インボムが悲鳴とともに驚いて目を覚ます姿を見せる。美しい背景の中に隠れた秘密は何なのか、関心が集まる。

一方、久しぶりにドラマの撮影現場に復帰したジョン・ヨンファはときめきいっぱいの笑顔を浮かべて撮影会場に登場した。実際に水泳や運動が好きなジョン・ヨンファは新型コロナウイルスにより、なかなか来ることができなかったプールに久しぶりに来ることができとても楽しいと、幸せそうな表情を浮かべた。しかし屋内プールの特性上、声が響くせいで発音が容易でなかった状態。ジョン・ヨンファは腕立て伏せをしながらセリフを消化する情熱を見せて、このような努力の末に、さらに輝く場面が演出されてスタッフの大きな拍手を浴びた。

制作陣は「ジョン・ヨンファは「幽霊なんているはずない」という自信満々な態度で「テバク不動産」に飛び込んだオ・インボムの奮闘ぶりをリアルに表現してドラマの活力を高める」とし「ジョン・ヨンファが新しい姿を見せるために、すべてを注ぎ込む熱演を見せている『テバク不動産』に多くの関心を持ってほしい」と呼びかけた。

『テバク不動産』は4月14日に韓国で初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-03-25 14:46:07